XTC:勝手にランキング!

このコーナーでは、アーティスト別に、おすすめの曲をランキング形式で並べてみました。

ランキングにおいては、私の好きな曲、この曲にはアーティストの魅力がいっぱい詰まっているという視点で選んでいます。

ですから、たとえ代表曲でも、大ヒットした曲でも、容赦なくランキング外という曲もでてきます。

そして、アーティスト別「勝手にランキング!」第一弾は、”XTC”です。

英国特有のシニカルなバンドで、とてもくせのあるバンドですから、好みが分かれそうです。

第10位:”Garden Of Earthly Delights”

勝手にランキング、栄えある最初の曲は、”Garden Of Earthly Delights”(アルバム”Oranges & Lemons”に収録)です。

いきなり、シングル曲でもない曲が登場です。

アルバム”Oranges & Lemons”のオープニング・ナンバーですが、アルバム・ジャケットのサイケデリックなデザインに象徴されるように、アルバムの内容は、多種多様な音楽が飛び出す豪華絢爛なものです。

その中でも、この””Garden Of Earthly Delights”は、心配になるほど弾けています。

“XTC”のアルバムは、前半飛ばしすぎのきらいがありますので、ランキングもそうならないよう気をつけて行きましょう。

>アルバム”Oranges & Lemons”に関する記事はこちらから

ORANGES & LEMONS

新品価格
¥954から
(2019/4/11 18:47時点)

第9位:”All You Pretty Girls”

シングル曲ではあるのですが、まったくヒットを狙っていないのではないかと思える”All You Pretty Girls”(アルバム”Big Express”に収録)です。

へんてこりんなフレーズが何度も聴いているうちに、気がついてみると、ついつい口ずさんでいるほどの中毒性のある曲です。

それでも、この”All You Pretty Girls”は、収録されている”Big Express”では、かなりキャッチーな曲と言えます。

それほど、この”Big Express”というアルバムは、とっつきにくい”XTC”上級者向けアルバムだと言えます。

>アルバム”Big Express”に関する記事はこちらから

Big Express

新品価格
¥850から
(2019/4/11 19:44時点)

第8位:”Earn Enough for Us”

公式ランキング(なんの公式だよ!とツッコミを入れたくなるでしょうが・・・)では、決してベスト10入りすることはない曲だとは、思いますが、単に好きな曲なのでランクインさせていただきました。

収録アルバムは、アルバム自体がおすすめの”Slylarking”です。

アルバム”Skylarking”には、名曲がたくさんあります。

シングル曲の”Grass”もシングル・バージョンではなく、”Summer’s Cauldron”~”Grass”の切れ目なくつながっていく美しいアルバムでの展開を味わっていただきたいと思います。

そんな数ある名曲を差し置いての”Earn Enough for Us”のランク・インの理由は、この曲のトリップしてしまいそうなほどの珠玉のメロディー・ラインにあります。

SKYLARKING

新品価格
¥2,132から
(2019/4/11 20:04時点)

第7位:”Life Begins At The Hop”

若さあふれるパワー全開の”Life Begins At The Hop”は、アルバム”Drums & Wires”の収録曲です。

デビューからニュー・ウエーブ路線を歩んできた前2作から方向転換して、独自の音楽スタイルを築き上げることになった転換期の作品です。

この元気印のポップ・ソングとしては、次のアルバム”Black Sea”に収録されていた”Generals And Majors”あたりにも通じるものがあります。

>アルバム”Drums & Wires”に関する記事はこちらから

Drums & Wires

新品価格
¥846から
(2019/4/11 20:24時点)

第6位:”Then She Appeared”

円熟味をますます深めていった”XTC”後期の作品”Nonsuch”からの一曲”Then She Appeared”です。

この曲も、公式ランキングでは、おそらくランクインされない曲だと思いますが、完全に私の好みで、ランクインです。

またしても、私のロマンティストな一面を見せてしまいました。

>アルバム”Nonsuch”に関する記事はこちらから

Nonsuch

新品価格
¥1,260から
(2019/4/11 20:42時点)

第5位:”Towers Of London”

これぞ、ブリティッシュ・ロックの真髄ともいうべき、英国ロックの香りがぷんぷんするような曲です。

このような曲が好きな方は、この”Tower of London”収録のアルバム”Black Sea”をぜひご賞味あれ。

きっと、エネルギッシュでパワー全開のいきいきとした”XTC”に出会えるはずです。

>アルバム”Black Sea”に関する記事はこちらから

Black Sea

新品価格
¥2,835から
(2019/4/11 20:46時点)

第4位:”Mayor Of Simpleton”

ここからの3曲は、後期”XTC”の充実ののりのりサウンドのオン・パレードです。

この”Mayor of Simpleton”(アルバム”Oranges & Lemons”に収録) は、流行った曲、好きな曲の両方の条件に合致する文句なしのランクインの曲です。

かりに、あまり好きではないという理由でこの曲をランクインさせないのは、よほどの天邪鬼と思われても仕方ないことでしょう。

第3位:”The Loving”

はっきり言って、愛してます”The Loving”(アルバム”Oranges & Lemons”に収録)。

一日中聴いていても飽きません。

(一日中聴いていたことはありません)

第2位:”Ballad Of Peter Pumpkinhead”

個人的には、”XTC”の最高傑作だと思っています。

のりの良いリズムと、切ないほど美しいメロディー、英国ロックの魅力がたくさんつまっています。

曲の冒頭のエレキギターのプラグをつなぐ音と、曲の最後の銃声がとてもドラマティックです。

第1位:”Wonderland”

私の中では、”XTC”といえば、”Wonderland”(アルバム”Mummer”に収録)です。

アルバム”Mummer”は、私が初めて手にした”XTC”のアルバムです。

この曲”Wonderland”を聴いたたとたんに、この曲の虜になりました。

そして、次々に、”XTC”のアルバムを聴きましたが、この”Wonderland”のような曲は、この曲以外には見当たりませんでした。

それでも、”Mayor Of Simpleton”や”Ballad Of Peter Pumpkinhead”などの素晴らしい曲と出会うきっかけとなりました。

幻想的で、美しいこの曲のイメージは、まさに”Wonderland”です。

いつ聴いても、最初に聴いたときの新鮮な驚きは、色褪せることがありません。

>アルバム”Mummer”に関する記事はこちらから

Mummer

新品価格
¥847から
(2019/4/11 21:14時点)

番外編

今回のランキングの中に、アルバム”English Settlement”の曲が一曲もありませんでしたが、このアルバムは、”XTC”ファンの中には、最高傑作と推す人も多いほど評価の高いアルバムです。

“Senses Working Overtime”や”No Thugs In Our House”などの狂気とも言えるほどの迫力のサウンドをぜひ堪能してみてください。

また、個人の嗜好を優先させたため、”The Meeting Place”や”The Disappointed”などの名曲も選外になってしまったのも、ちょっぴり心残りがあります。

>アルバムEnglish Settlement”に関する記事はこちらから

English Settlement

新品価格
¥868から
(2019/4/11 20:19時点)

>”XTC”に関する記事はこちらから