Thompson Twins(トンプソン・ツインズ):勝手にランキング!

アーティスト別にお届けしている「おすすめランキング」、今回のアーティストは、”Thompson Twins”(トンプソン・ツインズ)です。

独特のリズムが心地良いバンドです。

木琴でも、ゴミ箱のフタだって、叩けるものはみなパーカッションです。

第10位:”Love On Your Side”

アルバム”Quick Step & Side Kick”の収録曲です。

期待通りの”Thompson Twins”のあのリズムです。

あとは、木琴が加われば完成です。

>アルバム”Quick Step & Side Kick”に関する記事はこちらから

Quick Step And Side Kick

新品価格
¥1,600から
(2019/5/19 17:14時点)

第9位:”Follow Your Heart”

アルバム”Close to the Bone”の収録曲です。

木琴こそ使われていますが、音の中心は、ギターに取って代わり”Thompson Twins”の独特のリズムは、薄れてきました。

それでも、楽曲のクオリティーは数段あがっているので、”Thompson Twins”の魅力が薄れてしまたわけではありません。

>アルバム”Close to the Bone”に関する記事はこちらから

Close to the Bone

新品価格
¥1,600から
(2019/5/19 17:27時点)

第8位:”You Take Me Up”

アルバム”Into the gap”の収録曲です。

ハーモニカも加わり、”Thompson Twins”サウンド花盛りの頃の楽曲です。

やはりこのリズムがないと何だか”Thompson Twins”を聴いた気がしないというファンも多いでしょう。

>アルバム”Into the gap”に関する記事はこちらから

Into The Gap

新品価格
¥1,600から
(2019/5/19 17:43時点)

第7位:”We Are Detective”

アルバム”Quick Step & Side Kick”には、いつもの”Thompson Twins”の独特のリズムとは、異なったリズムの曲があります。

この曲”We Are Detective”もそうですし、”Watching”なども、ユニークなリズムを聴かせてくれます。

アコーディオンや、カスタネット、ブリキのゴミ箱のフタなど、使われている楽器も実に多彩です。

第6位:”King For A Day”

アルバム”Here’s to Future Days”の収録曲です。

このアルバムをさかいに、 “Thompson Twins”の独特のリズムは影を潜め、そのかわり、楽曲のクオリティーが格段に進歩したと思います。

この曲”King For A Day”もそのひとつで、楽曲の向上なしには、”King For a Day”「王の座も一日限り」になってしまうことへの危機感からでしょうか。

“Tom Bailey”のソング・ライティング力なら、王の座もしばらくは安泰のような気がします。

>アルバム”Here’s to Future Days”に関する記事はこちらから

Here’s To Future Days

新品価格
¥1,600から
(2019/5/19 17:59時点)

第5位:”Lay Your Hands On Me”

再び、アルバム”Here’s to Future Days”の曲が続きます。

以前のような”Thompson Twins”特有のリズムを刻んでいます。

ただ、その主役はベース・ギターです。(普通です。)

彼らのリズムと、美しいメロディーが同時に成立している貴重な曲です。

第4位:”Lies”

アルバム”Quick Step & Side Kick”に収録されているMTVでヘビー・ローテションされたPVも楽しい”Lies”です。

歌うように軽やかにリズムを刻むベース・ギターの音にぐいぐい引き込まれる曲です。

中国風のキーボードのフレーズにオリエンタルな雰囲気を感じます。

第3位:”Hold Me Now”

アルバム”Into the gap”の収録曲で、リズム・バンドなのに、バラードとは意表をつきましたね。

この曲”Hold Me Now”を”Thompson Twins”の代表曲とするひとが多いと思いますが、名曲には、名曲ですが、この曲だけを聴いて、”Thompson Twins”の音楽というのは、こういうものだと納得してしまうのは、もったいないような気がします。

第2位:”Get That Love”

アルバム”Close to the Bone”の収録曲です。

“Thompson Twins”の特有のリズムの残り香がほんの少し漂っています。

アコースティック・ギターの前奏で始まり、途中ブラス・セッションが加わる構成は、ずいぶんと”Thompson Twins”の音も変わったなという思いがあります。

ただ、楽曲の素晴らしさは最高到達点に達したのは事実です。

第1位:”Sister Of Mercy”

“Thompson Twins”の特有のリズムが、もっとも華やかだった時代のアルバム”Into the gap”の収録曲です。

この時期に、このような美しいメロディーを持つ曲が誕生したことはとても幸運なことです。

あのウキウキするようなリズムと繊細で美しいメロディーの両方を楽しめるのですから。

番外編

アルバム”Here’s to Future Days”の収録曲の”Tokyo”です。

初期のヒット曲”Lies”の歌詞にも、「日本」が登場してきますが、「日本びいき」なのでしょうか。

しかし、中国の音楽も混在し、ひとくくりに「東洋的なもの」で束ねられている印象です。

せっかくですので、伝統的な日本の文化に深くふれていほしいです。

>”Thompson Twins”に関する記事はこちらから