The Pretenders(プリテンダーズ):勝手にランキング!

アーティスト別にお届けしている「おすすめランキング」、今回のアーティストは、”The Pretenders”(プリテンダーズ)です。

紅一点の”Chrissie Hynde”がボーカルをつとめる「バンド・サウンド」という言葉が、しっくりくる正統派ロック・バンドです。

“Chrissie Hynde”の卓越した歌唱力は、どんな平凡な曲でも名曲に変える不思議な力があります。

第10位:”Stop Your Sobbing”

デビュー・アルバムで、セルフ・タイトルでもある”Pretenders”からの一曲です。

この曲を聴いていてもわかるように、バンド・サウンドの中心はギターであることは間違いないでしょう。

“The Pretenders”の魅力は、”Chrissie Hynde”の歌声であることは疑いの余地がないですが、もうひとつの華は、やはりギターでしょう。

“Chrissie Hynde”の甘く切ない歌声に、ギターのさわやかな音色がよく調和しています。

>アルバム”Pretenders”に関する記事はこちらから

Pretenders [Explicit]

新品価格
¥1,400から
(2019/7/15 20:44時点)

第9位:”Talk of the Town”

アルバム”The PretendersⅡ”からの一曲です。

セカンド・アルバムからはやはりメロディー・ラインが美しく、爽快なギターの音色が楽しめる一曲を選んでみました。

第8位:”Show Me”

アルバム”Learning To Crawl”からの一曲です。

完全に私の好みで、メロディアスな曲が続きましたが、”The Pretenders”の魅力は、王道のバンド・サウンドにあります。

もっとノリのよいロック色の強い曲もたくさんありますので、さらに上位の曲に期待してください。

Learning to Crawl

新品価格
¥427から
(2019/7/15 21:03時点)

第7位:”My Baby”

アルバム”Get Close”からの一曲です。

このアルバムから、”The Pretenders”の楽曲の幅が大きく広がりました。

そして、楽曲のクオリティも驚くほど向上し、この曲に見られるように、楽曲の深みもでてきました。

それほど、キャッチーなメロディーではありませんが、聴きごたえのある味わい深い曲です。

>アルバム”Get Close”に関する記事はこちらから

Get Close

新品価格
¥1,400から
(2019/7/15 21:26時点)

第6位:”Back On The Chain Gang”

アルバム”Learning To Crawl”からの一曲です。

お待たせしました、わかりやすくストレートなバンド・サウンドです。

ギター中心のバンド・サウンド、どこにでもありそうでここまで正統派で、潔いバンドはそうそうないでしょう。

第5位:”Middle of the Road”

再び、アルバム”Learning To Crawl”からの一曲です。

勢いの出てきたところで、さらにもう一曲行きましょう。

“The Pretenders”音楽史上、もっともロックンロールしている曲です。

バックコーラスの掛け声で、否が応でも盛り上がります。

第4位:”Hymn to Her”

アルバム”Get Close”からの一曲です。

“The Pretenders”のスロー・ナンバーの最高傑作でしょう。

“Chrissie Hynde”の歌唱力がさらに魅力的な楽曲に仕立て上げています。

第3位:”Kid”

アルバム”The Pretenders”からの一曲です。

邦題は「愛しのキッド」で、初期”The Pretenders”の代表曲です。

ギターのフレーズが印象的な好楽曲です。

間奏のギター・ソロも心地よく、”Chrissie Hynde”の甘い歌声に見事に呼応しています。

第2位:”Don’t Get Me Wrong”

アルバム”Get Close”の収録曲であり、後期”The Pretenders”の代表曲です。

と言うよりも、”The Pretenders”全期間における代表曲と言えるでしょう。

完全に、”The Pretenders”の代表曲を塗り替えました。

前奏から、一度聴いたら忘れないフレーズが飛び出してきます。

最初に、この曲を聴いた瞬間に虜になりました。

第1位:”Brass in Pocket”

アルバム”The Pretenders”からの一曲です。

何度聴いても飽きることのない素晴らしい楽曲です。

“Chrissie Hynde”が歌うことでより一層、楽曲の魅力がUP!します。

とくに、”VH1 Fashion Awards 1995″受賞時のライブ・パフォーマンスが素晴らしいので、楽曲とともにお楽しみください。

>”The Pretenders”に関する記事はこちらから