Norah Jones(ノラ・ジョーンズ):勝手にランキング!

アーティスト別にお届けしている「おすすめランキング」、今回のアーティストは、”Norah Jones”(ノラ・ジョーンズ)です。

デビュー時に、ジャズの新境地を切り開き、その後、カントリー・ミュージックやロック・ミュージックなど様々な音楽ジャンルに挑戦し、再び円熟味を増しながらジャズ路線へと回帰してきた”Norah Jones”です。

ジャズ・ファンもロック・ファンも満足のランキングとなったでしょうか。

第10位:”Come Away with Me”

アルバム“Come Away with Me”の表題曲です。

いやし系ジャズのパイオニアとしての地位を築いた”Don’t Know Why”とならぶ

初期”Norah Jones”の代表曲です。

>アルバム”Come Away with Me”に関する記事はこちらから

Come Away With Me

新品価格
¥876から
(2020/4/23 18:10時点)

第9位:”I Wouldn’t Need You”

アルバム”The Fall”からの一曲です。

ロック・ミュージック調の曲が多いアルバム”The Fall”の中にあって、心温まるカントリー・ミュージック調の曲です。

美しい楽曲に、”Norah Jones”の余分な装飾を加えていないオーガニックな歌声がよくマッチしています。

>アルバム”The Fall”に関する記事はこちらから

The Fall

新品価格
¥1,500から
(2020/4/23 20:38時点)

第8位:”I’ve Got to See You Again”

アルバム”Come Away with Me”の収録曲です。

ジャズというよりも、タンゴですが、”Norah Jones”の世界にまんまとはまっています。

第7位:”Sunrise”

アルバム”Feels Like Home”の収録曲です。

デビュー・アルバム”Come Away with Me”の音を踏襲しながらも、新たにさわやかな空気を感じられる曲です。

雨上がりの”Sunrise”のように、明るさと温かみも伝わってきます。

>アルバム”Feels Like Home”に関する記事はこちらから

FEELS LIKE HOME

新品価格
¥1,574から
(2020/4/23 22:03時点)

第6位:”Even Though”

アルバム”The Fall”の収録曲です。

ジャズというよりも、ほとんどロック・ミュージックといってもほどの楽曲がつまったアルバムです。

その中でも、”Norah Jones”のキーボードの奏でる音が夢見るように美しい、ロック・ミュージック・ファンの大好物な一曲が”Even Though”です。

第5位:”carry on”

アルバム”Day Breaks”の収録曲です。

再び、ジャズの弾き語りが聴けることになったジャズ・ファン待望のアルバムです。

アルバム”Day Breaks”の中で、ひときわデビュー当時のいやし系ジャズを感じることができる一曲です。

曲自体にも、どこか懐かしい雰囲気が漂ってくるように感じられます。

>アルバム”Day Breaks”に関する記事はこちらから

DAY BREAKS

新品価格
¥569から
(2020/4/23 21:14時点)

第4位:”Sinkin’ Soon”

アルバム”Not Too Late”からの一曲です。

コミカルでありながら、実に艶やかな曲です。

その雰囲気をつくっているのは、艶めかしいトランペット(トロンボーンかも?)の音色です。

そして、もちろん成熟した”Norah Jones”歌声そのものです。

>アルバム”Not Too Late”に関する記事はこちらから

Not Too Late

新品価格
¥657から
(2020/4/23 21:00時点)

第3位:”Don’t Know Why”

アルバム”Come Away with Me”からの一曲です。

“Norah Jones”の名を世にとどろかせた曲です。

“Norah Jones”を語る上で欠かせない曲で、多くの音楽ファンは、”Norah Jones”と言えば、この曲をイメージするのではないでしょうか。

第2位:”Happy Pills”

アルバム”Little Broken Hearts”の収録曲です。

前奏のギターのフレーズにきっとやられるはずです。

ピアノの弾き語りのイメージが強い”Norah Jones”ですが、ギター・サウンド全開の時代の曲もいいなと思える一曲です。

>アルバム”Little Broken Hearts”に関する記事はこちらから

Little Broken Hearts

新品価格
¥794から
(2020/4/23 20:49時点)

第1位:”Chasing Pirates”

アルバム”The Fall”のオープニング・ナンバーです。

“Norah Jones”と言えば”Don’t Know Why”と言えるほど浸透しきっている代表曲ですが、音楽ジャンルを越えた楽曲のよさという点で、この”Chasing Pirates”を第1位にさせていただきました。

「ボワン、ボワン」とふくらんでは弾けるベース・ギターの音が、キャッチーな曲調によくマッチしています。

>”Norah Jones”に関する記事はこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です