Karen Souza(カレン・ソウサ):勝手にランキング!

アーティスト別にお届けしている「おすすめランキング」、今回のアーティストは、”Karen Souza ”(カレン・ソウサ)です。

低音の艶やかな歌声で、ジャズ・スタンダード・ナンバーはもちろん、ロックやポップ・ミュージックでさへも”Karen Souza”の世界へと引き込んでしまう不思議な力を持っています。

第10位:”Do You Really Want To Hurt Me?”

“Culture Club”「カルチャー・クラブ」のカバー曲で、ロック曲カバー集のアルバム”Essentials”に収録されている曲です。

“Karen Souza”が、”Culture Club”の曲を選ぶのなら、やはりこの曲がぴったりでしょう。

歌声、妖艶なその歌い方、本当に”Karen Souza”「君は完璧さ」。

>アルバム”Essentials”に関する記事はこちらから

Essentials

新品価格
¥1,751から
(2019/11/24 17:53時点)

第9位:”Strawberry Fields Forever”

“The Beatles”というよりも、”John Lennon”の作品で、この曲も、アルバム”Essentials”に収録されている曲です。

数ある”The Beatles”の名曲のうちから、この曲を選曲してくるのは、”Karen Souza”の音楽センスを感じさせます。

同じ”John Lennon”のボーカルの”Sexy Sadie”や”Cry Baby Cry”などの曲のカバーも聴いてみたくなります。

第8位:”Get Lucky”

“Daft Punk”のカバーです。

軽快なオリジナル曲を、”Karen Souza”の独自の世界へと完全に昇華しています。

第7位:”Every Breath You Take”

選曲の勝利です!

原曲にそれほど手直しする必要がないくらい、”Karen Souza”が歌うと映える一曲だと思います。

“The Police”の名曲のカバーで、アルバム”Essentials”に収録されている曲です。

第6位:”Dreams”

原曲は、”Fleetwood Mac”の作品で、アイルランド出身の”The Corrs”もカバーしていた曲です。

“The Corrs”のカバーも素晴らしく、原曲のメロディーの美しさが光ります。

この曲は、ロックのカバー集、第2弾の”Essentials Ⅱ」に収録されています。

>アルバム”Essentials Ⅱ”に関する記事はこちらから

ESSENTIALS 2

新品価格
¥391から
(2019/11/24 17:56時点)

第5位:”Wicked Game”

原曲は、アメリカのシンガー・ソング・ライターの”Chris Isaak”:「クリス・アイザック」の作品です。

こちらの曲も、アルバム”Essentials Ⅱ」に収録されています。

ピアノのメロディーが、メランコリックな曲調にマッチしています。

第4位:”My Foolish Heart”

多くのジャズ・アーティストが取り上げているジャスのスタンダード・ナンバーで、アルバム”Hotel Souza”に収録されている曲です。

ロックの名曲のジャズ・テイストのカバーもよいですが、ジャズ・ナンバーを歌い上げる”Karen Souza”は、より彼女の魅力が発揮されると感じます。

>アルバム”Hotel Souza”に関する記事はこちらから

HOTEL SOUZA

新品価格
¥1,800から
(2019/11/24 17:58時点)

第3位:”Never Tear Us Apart”

原曲は、オーストラリア出身のバンド”Inxs”の作品で、アルバム”Essentials Ⅱ”に収録されている曲です。

原曲の間奏のサックスがとても印象的な曲ですが、”Karen Souza”のカバーでは、艶のあるトランペットの演奏が聴けます。

第2位:”I’m Beginning To See the Light”

アルバム”Velvet Vault”の収録曲です。

このアルバムでは、従来の”Karen Souza”にはなかった曲調が、いろいろと出てきますが、その試みが吉とでた一曲です。

今までの”Karen Souza”にはあまり見られなかった明るい曲調が、一筋の光を照らし出すかのようです。

>アルバム”Velvet Vault”に関する記事はこちらから

VELVET VAULT

新品価格
¥839から
(2019/11/24 18:00時点)

第1位:”Valerie”

こちらの曲も、アルバム”Velvet Vault”の収録曲です。

「夜の蝶」のような妖しい魅力の持ち主の”Karen Souza”が、清々しいほど爽やかに歌っているのは、新鮮な驚きです。

番外編:”I’m Not in Love”

“10cc”の名曲で、こちらの曲も、アルバム”Velvet Vault”に収録されている曲です。

オリジナルの楽曲も素晴らしく、”Karen Souza”のカバーも彼女の魅力が存分に発揮されていますが、あえて番外編とさせていただいたのは、”10cc”といえば、”I’m Not in Love”という構図にちょっと辟易したからです。

この曲は、多くのジャズ・アーティストにとりあげられていますが、”10cc”には、他にも良い曲がたくさんあるので、ぜひそのような曲もカバーしてほしいという気持ちでのランク外です。

>”Karen Souza”に関する記事はこちらから