City Boy(シティー・ボーイ):勝手にランキング!

アーティスト別にお届けしている「おすすめランキング」、今回のアーティストは、”City Boy”(シティー・ボーイ)です。

デビュー・アルバムの”City Boy”(セルフ・タイトル)は、淡い青春のような清らかなサウンドがアルバムの大半を占めていましたが、ブリティッシュ・ロック特有のシニカルなサウンドが彼らの最大の魅力です。

“City Boy”の音楽には、情景が浮かんでくるような豊かな表現力があります。

第10位:”She’s Got Style”

アルバム”Young Men Gone West”に収録の”She’s Got Style”が、表題曲を押しのけてのランクインです。

実に、”City Boy”らしい楽曲で、前奏のマリンバのような音が心地良く響いています。

アルバム・ジャケットも何ともドラマチックで、この曲もそんな夜の盛り場の情景が浮かんでくるような曲です。

>アルバム”Young Men Gone West”に関する記事はこちらから

Young Men Gone West

新品価格
¥2,129から
(2019/5/6 20:50時点)

第9位:”Domino”

他のアルバムとちがって統一感はあまりありませんが、佳曲が多くおすすめのアルバム”Heads Are Rolling”に収録されている一曲”Domino”です。

曲の出だしから、前奏なしで、いきなりサビ部分が爆発するというキャッチーな曲です。

>アルバム”Heads Are Rolling”に関する記事はこちらから

Heads Are Rolling

新品価格
¥2,123から
(2019/5/6 21:01時点)

第8位:”What a Night”

ストレートなロック・サウンドが特徴のアルバム”Book Early”から、ロマンティックな一曲”What a Night”です。

サビの部分は甘美なメロディーとメンバーの美しいハーモニーが聴けます。

>アルバム”Book Early”に関する記事はこちらから

Book Early

新品価格
¥1,100から
(2019/5/6 21:17時点)

第7位:”Sunset Boulevard”

デビュー・アルバム”City Boy”(セルフ・タイトル)に、収録されている曲です。

アルバム・ジャケット同様、淡い色彩の甘酸っぱい曲が多く並ぶ楽曲群の中で、アルバムを代表するような曲がこの”Sunset Boulevard”です。

曲の後半で、突如、ライブ会場と化する展開は、”10cc”の”From Rochdale To Ocho Rios”(アルバム”Bloody Tourist”に収録)を彷彿させますが、聴衆に語りかける女性は一体誰でしょうか。

>アルバム”City Boy”に関する記事はこちらから

シティ・ボーイ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,100から
(2019/5/6 21:29時点)

第6位:”Violin”

アルバム”Dinner at the Ritz”で、最高のディナーを楽しむために欠かせないのが、最高のBGM、そうこの曲”Violin”です。

“City boy”お得意のシニカルさは、しばし封印されていますので、心ゆくまで美しい楽曲とバイオリンの奏でる優雅な音色にひたってください。

>アルバム”Dinner at the Ritz”に関する記事はこちらから

Dinner at the Ritz

新品価格
¥2,084から
(2019/5/6 21:38時点)

第5位:”I’ve Been Spun”

第10位にランクインされた”She’s Got Style”に続いて、アルバム”Young Men Gone West”に収録曲です。

結局、このアルバムが一番”City Boy”らしいアルバムだったのではないかと思われます。

この曲”I’ve Been Spun”の曲調もそうですが、歌詞の言い回しも”City Boy”らしくてふるっていますね。

例えば、こんな感じです。
“I’ve Been Spun and Spin-dried, But Still the Tears Fall from My Eyes”「脱水機(洗濯物の遠心脱水装置)にかけても、僕の涙は枯れることがない。」

“Do Me a Favour and Wring Me”「お願いだから、僕を絞って!」

涙ぐましいぐらい悲哀を帯びた曲ですが、笑えてきますね。

第4位:”Change in the Weather”

アルバム”Heads Are Rolling”に収録されている曲の”Change in the Weather”です。

本当に、このアルバムは、いい曲がたくさんあるので、このアルバムから絞り込むだけでも大変です。

この曲”Change in the Weather”は、楽曲の良さからいって、絶対に外せない一曲です。

結局、”City Boy”にとって、このアルバムが最後のアルバムになってしまうのですが、この路線でもうしばらく活動してほしかったです。

第3位:”New York Times”

“City Boy”のアルバムの中でも、力強いロック・サウンドが聴ける、アルバム”The Day The Earth Caught Fire”からのひときわ美しい曲”New York Times”です。

“City Boy”らしい、ひねりはありませんが、真っ向勝負のロック・サウンドです。

>アルバム”The Day The Earth Caught Fire”に関する記事はこちらから

The Day the Earth Caught Fire

新品価格
¥1,170から
(2019/5/7 21:15時点)

第2位:”Dinner At the Ritz”

アルバム”Dinner At the Ritz”の表題曲です。

組曲にこそなっていませんが、一曲で、何曲か味わったような満足感にひたれるフルコース料理のような曲です。

最初から、デザートのような甘い調べがあらわれると、最後には、幸福感に包まれながらサックスの調べに酔いしれます。

第1位:”Heads Are Rolling”

アルバム”Heads Are Rolling”の堂々の表題曲です。

アルバム中、ランキングにも登場した2曲の他にも”Bloody Sunday”や”The Sound of the Bell”と佳曲が多く収録されている中で、圧倒的に存在感のある曲です。

“City Boy”らしいし好楽曲です。

番外編

ヒット・シングルの”5-7-0-5″(アルバム”Book Early”に収録)を、”City Boy”の代表曲とする人も多いと思いますが、ストレートなロックすぎて、あまり”City Boy”らしさを感じないのは、私ひとりだけでしょうか。

“City Boy”は、もっと多彩な変化球をいっぱい持っています。

“5-7-0-5″は、恋人の電話番号を曲名にしていますが、日本の歌謡曲でも、「フィンガー5」の「恋のダイヤル6700」がヒットしましたね。

>”City Boy”(シティー・ボーイ)に関する記事はこちらから