結婚式で使ってはいけない曲~洋楽特集!

結婚式で、2人の華やかな門出を演出するのに、音楽は、重要なアイテムです。

しかし、その選曲を誤ると、せっかくのハレの場が台無しになってしまうこともあります。

失敗しないための処方せんつきです。

ぜひ、曲選びの参考にしてください。

>結婚式で使ってはいけない曲【第2弾】はこちらから

“Bangles”(バングルズ)で選ぶなら

【NG曲】”Manic Monday”

素人がおかしやすい間違いです。

自分が好きな曲とか、美しい曲という理由で、選んではいけません。

結婚式は、「ハレ」の日のイベントです。

“Monday”「月曜日」など、「ケ」の代名詞です。

参列者が、「明日は月曜日か。また明日から仕事だな。」と連想するに決まったようなものです。

また、”Walk Like An Egyptian”は、参列者が変な踊りを始め、式が収拾がつかなくなるので、できるだけ避けた方がよいでしょう。

【処方せん】”Eternal Flame”(アルバム”Everything “に収録)

世話が焼けますね。

それでは、処方せんです。

「永遠の愛を誓う」結婚式の定番です。

この曲を選んでおけば間違いないでしょう。

>”Bangles”(バングルズ)に関する記事はこちらから

>アルバム”Everything”に関する記事はこちらから

EVERYTHING

新品価格
¥959から
(2019/5/4 15:49時点)

“Swing Out Sister”(スウィング・アウト・シスター)で選ぶなら

【NG曲】”Now You’re Not Here”

「惜しい!」

日本でも大ヒットし、良い曲ですが、完全にNG曲です。

「新郎が来てません!!」なんて、洒落になりません。

【処方せん】”La La (Means I Love You)”(アルバム”The Living Return”に収録)

それでは、処方せんです。

「いいですか。一回しか言いませんよ!」

もう、曲名に、”I Love You”って入ってますよね。

それだけで、及第点です。

>”Swing Out Sister”(スウィング・アウト・シスター)に関する記事はこちらから

>アルバム”The Living Return”に関する記事はこちらから

Living Return

新品価格
¥8,052から
(2019/5/4 16:10時点)

“Spandau Ballet”(スパンダー・バレエ)で選ぶなら

【NG曲】”Gold”

“Spandau Ballet”、ロマンティックなサウンドは結婚式にびったりです。

しかし、”Spandau Ballet”なら、なんでもいいってわけではありません。

“Gold”「金」、「金」と、連呼して、ハレの日に、「ご祝儀はいくら出した」など「お金」のことばっかり言うのはいやらしいですね。

【処方せん】”True”(アルバム”True”に収録)

いいですね。

「真実の愛」。

「信じてくれよ~」と何度も叫ぶのは、ちょっと怪しいですね。

>”Spandau Ballet”(スパンダー・バレエ)に関する記事はこちらから

>アルバム”True”に関する記事はこちらから

True

新品価格
¥445から
(2019/5/4 16:24時点)

“Sade”(シャーデー)で選ぶなら

【NG曲】”Soldier of Love”

こちらも、素人がおかしやすい典型的なミスですね。

曲名に”Love”と入っているので、すっかり安心してしまったのですね。

“Soldier of Love”「愛の戦士」、なんとなく愛のために闘うなんて共感がもてるような気がします。

しかし、最初から、「闘う気、まんまんだね」、「けんか売ってんのかい」ってことにもなりかねないです。

誤解を招く表現は避けた方がよいでしょう。

【処方せん】”By Your Side”(アルバム”Lovers Rock”に収録)

正解は、”By Your Side”です。

収録アルバムの”Lovers Rock”というアルバム・タイトルもいいですね。

「恋人たちのロック」、「NPO法人 結婚式ソング認定協会」のお墨付きのようなアルバム・タイトルですね。

“Sade”の曲の中では、”Your Love is King”「あんたの愛は王様でっせ」もおすすめです。

>”Sade”(シャーデー)に関する記事はこちらから

>アルバム”Lovers Rock”に関する記事はこちらから

ラヴァーズ・ロック

新品価格
¥1,450から
(2019/5/4 16:42時点)

“New Order”(ニュー・オーダー)で選ぶなら

【NG曲】”Liar”

人として、一番言われたくない言葉ですね。

“Liar”「うそつき!」。

“New Order”も、曲の中で、こう言ってます。

“Cause I can’t Stand the Music”「だから、この手の音楽には、うんざりするよ」。

いい曲なんですけどね。

【処方せん】”Your Silent Face”(アルバム”Power, Corruption & Lies”に収録)

ぜひ、「新郎、新婦の入場です」というシーンに使ってほしい曲です。

美しい楽曲が、入場行進にきっと映えるはずです。

>”New Order”(ニュー・オーダー)に関する記事はこちらから

Power Corruption & Lies

新品価格
¥648から
(2019/5/4 16:54時点)

“Depeche Mode”(ディペッシュ・モード)で選ぶなら

【NG曲】”Master and Servant”

新婚生活が始まる前から、”Master and Servant”「かかあ天下」だと、新郎を揶揄するのはいけません。

親しき仲にも、礼儀ありと言います。

まだ、決まったわけではありませんし、一縷の望みに賭けましょう。

【処方せん】”A Question of Lust”(アルバム”Black Celebration”に収録)

なんと美しい曲でしょうか。

どのシーンにかけても「じ~ん」とくるはずです。

「誰ですか、ここは、神聖なる結婚式場ですよ。結婚式を、”Black Celebration”などと茶化すのはやめましょう。」

>”Depeche Mode”(ディペッシュ・モード)に関する記事はこちらから

>アルバム”Black Celebration”に関する記事はこちらから

BLACK CELEBRATION

新品価格
¥1,952から
(2019/5/4 17:34時点)

“The Police”(ポリス)で選ぶなら

【NG曲】”King Of Pain”

結婚とは、”King Of Pain”だと言う、格言があります。

(本当ですか?)

だとしても、せめて今日一日だけは、現実から目をそらしたいですね。

【処方せん】”Every Breath You Take”(アルバム”Synchronicity”に収録)

そうです、その調子です。

“Every Breath You Take”です。

富める「吐息」でも、貧しき「吐息」でも、どんな「吐息」でも愛することを誓いますか。

>”The Police”(ポリス)に関する記事はこちらから

シンクロニシティー

新品価格
¥2,449から
(2019/5/4 17:59時点)

“China Crisis”(チャイナ・クライシス)で選ぶなら

【NG曲】”Tragedy and Mystery”

“Tragedy and Mystery”「悲劇」と「ミステリー」とは、縁起でもないです。

結婚生活は、「悲劇」よりも、「喜劇」の方がまだましです。

ミステリアスな部分は多少は、あると思いますが、隠し事はいけません。

【処方せん】”Christian”(アルバム”Difficult Shapes & Passive Rhythms, Some People Think It’s Fun to Entertain”に収録)

アルバム・タイトルは、長すぎますが、結婚式で話題になることはありませんので、心配ご無用です。

教会で結婚式をあげるのなら、邦楽では、「てんとう虫のサンバ」、洋楽では、この”Christian”と相場が決まっています。

>”China Crisis”(チャイナ・クライシス)に関する記事はこちらから

Difficult Shapes & Passive Rhy

新品価格
¥1,253から
(2019/5/4 19:04時点)

“The Cranberries”(クランベリーズ)で選ぶなら

【NG曲】”I Can’t Be with You”

“I Can’t Be with You”「もう、あんたとは、やってらんないわ。」

「ほな、さいなら。」ってことに、なりかねないので注意が必要です。

“The Cranberries”の代表曲に、”Zombie”という曲があります。

「結婚生活という『墓場』から息を吹き返して、粘り強く生きていこう」などという遠回しな応援ソングは、ハレの日には通用しませんので避けた方が無難です。

【処方せん】”You And Me”(アルバム”Bury The Hatchet”に収録)

やっぱり、”You And Me”「あなたと私」、「末永くお幸せに!」というのが、無理のない着地点だと思います。

>”The Cranberries”(クランベリーズ)に関する記事はこちらから

>アルバム”Bury The Hatchet”に関する記事はこちらから

Cranberries – Bury The Hatchet

新品価格
¥2,880から
(2019/5/4 19:23時点)

“OMD”で選ぶなら

【NG曲】”If You Leave”

もし、仮にでも、あなたが去ってしまうなら・・・。

例えばの話でも、この手の別れ話は、結婚式ではタブーです。

【処方せん】”Souvenir”(アルバム”Architecture & Morality”に収録)

結婚式も無事終わり、”Souvenir”「引き出物」は何かな。

良い思い出とともに、「安息の館」に帰りましょう。

>”OMD”に関する記事はこちらから

>アルバム”Architecture & Morality”に関する記事はこちらから

Architecture & Morality

新品価格
¥4,665から
(2019/5/4 19:39時点)

“Kiss Me” 結婚式公式ソング

いろいろなしきたりに縛られると、曲選びもしんどいですね。

最終的には、「ああ、いい結婚式だったね」と感じてもらえればそれでいいのではないでしょうか。

最後に、この曲は、どのシーンで使われるかもうおわかりですね。

キス・ミー

新品価格
¥6,800から
(2019/5/4 19:44時点)