【洋楽】おすすめアルバム~”Lovers the Dreamers & Me” : “Jane Monheit”(ジェーン・モンハイト)

ロック・ファンのみなさまに、ロック・ファンの目線でジャズの魅力とおすすめのアーティストとそのアルバムをご紹介したいと思います。

今回、ご紹介するアルバムは、”Jane Monheit”:(ジェーン・モンハイト)の”Lovers the Dreamers & Me”です。

アルバム・タイトルから想像できると思いますが、”Jane Monheit”が愛に関わる歌を圧倒的な歌唱力で歌いあげています。

曲目リスト

  1. Like A Star
  2. Something Cool
  3. Slow Like Honey
  4. This Girl’s In Love With You
  5. I’m Glad There Is You
  6. Get Out of Town
  7. I Do It For Your Love
  8. I Ain’t Gonna Let You Break My Heart
  9. Ballad Of The Sad Young Men
  10. No Tomorrow (acaso)
  11. Lucky To Be Me
  12. A Primeira Vez
  13. Rainbow Connection

「愛」と「夢」そして「私」をつなぐもの、それは・・・

1曲目の”Like A Star”:

“Jane Monheit”があのすみきった歌声で、愛の歌を歌うのですから、それは美しい曲に仕上がるのは想像に難くありません。

全体的に美しい曲であるのは間違いないですが、とりわけ、チェロの音をベースに、アコースティック・ギターのソロ演奏の部分が美しい曲です。

4曲目の”This Girl’s In Love With You”:

偉大な作曲家”Burt Bacharach”:(バート・バカラック)の名曲と、類まれな美声の持ち主”Jane Monheit”のコンビネーションは、最強の取り合わせです。

極上の時間が約束されたようなものです。

>”Burt Bacharach”に関する記事はこちらから

10曲目の”Acaso (No Tomorrow)”:

“Jane Monheit”の第一声で、こんなにもすみきった美しい歌声が聴こえてくるとは、わかっていながらも新鮮な驚きを覚えます。

11曲目の”Lucky To Be Me”:

ここからの2曲は、”Jane Monheit”と単一の楽器による共演です。

最初は、ピアノとの共演です。

シンプルな構成で、”Jane Moneheit”の美声がより鮮明になります。

歌声の深みによって、音が薄いとは感じられず、ピアノの演奏だけでも豊かで厚みのある音に聴こえます。

12曲目の”A Primeira Vez”:

続いての楽器は、アコースティック・ギターです。

軽やかなギターの音色に、なめらかな歌声が溶けるように絡み合っています。

13曲目の”Rainbow Connection”:

アルバムのラストを飾るこの曲”Rainbow Connection”は、このアルバムの事実上の表題曲といえそうです。

なぜなら、アルバム・タイトルの”Lovers the Dreamers & Me”は、この曲の歌詞の一部”The lovers, the dreamers and me”から来ています。

そして、それらを結ぶつけるものが、”Rainbow Connection”だと歌われています。

>”Jane Monheit”に関する記事はこちらから

Lovers the Dreamers & Me

新品価格
¥1,010から
(2019/11/24 16:43時点)