【洋楽】おすすめアルバム~”Little Broken Hearts”: “Norah Jones”(ノラ・ジョーンズ)

ロック・ファンのみなさまに、ロック・ファンの目線でジャズの魅力とおすすめのアーティストとそのアルバムをご紹介したいと思います。

今回、ご紹介するアルバムは、”Norah Jones”:(ノラ・ジョーンズ)の”Little Broken Hearts”です。

前作のアルバム”The Fall”でロック・ミュージックも披露し、音楽のジャンルの垣根をやすやすと乗り越えていく”Norah Jones”ですが、本作のアルバム”Little Broken Hearts”では、アルバム・ジャケットにもあるようにポップな内容になっています。

しかし、才能豊かな”Norah Jones”のことですから、彼女ならではの音楽スタイルで、その表現方法も多彩で色彩豊かな曲が展開されていきます。

曲目リスト

  1. Good Morning
  2. Say Goodbye
  3. Little Broken Hearts
  4. She’s 22
  5. Take It Back
  6. After The Fall
  7. 4 Broken Hearts
  8. Travelin’ On
  9. Out On The Road
  10. Happy Pills
  11. Miriam
  12. All A Dream

多様な表現方法でポップな世界を彩る

1曲目の”Good Morning”:

今までの”Norah Jones”にはなかった幻想的な曲です。

デビュー当時、ジャズの弾き語りという音楽的手法で人気を博してきた”Norah Jones”ですが、これまでにカントリー・ミュージックやロック・ミュージックと様々な音楽ジャンルに挑戦してきました。

本作のアルバム”Little Broken Hearts”では、音楽のジャンルの多様性というよりも、音楽の表現方法の多様性を感じます。

そのひとつの表現方法が、この幻想的な”Good Mornig”であると思います。

2曲目の”Say Goodbye”:

キーボードを弾きながら歌っていますが、もはやデビュー当時の弾き語りのイメージとはまったく異なります。

ロック調のアップ・テンポのナンバーです。

3曲目の”Little Broken Hearts”:

アルバムの表題曲であるにも関わらず、というか、表題曲であるからこそ「ダーク」な曲です。

なぜなら、”Norah Jones”自身の言葉を借りるならば、この”Little Broken Hearts”というアルバム全体がダークだということです。

この曲”Little Broken Hearts”の歌詞自体も相当にダークです。

もうひとつ”Norah Jones”は、このアルバムのコンセプトについてこう語っていました。

「アルバムひとつひとつの曲が大きなストーリーを構成する断片みたいなもの」

道理で、一曲一曲が際立って、いろいろな表情を見せているのだと感じました。

10曲目の”Happy Pills”:

前作のアルバム”The Fall”のように、ロック路線の流れをくむ曲です。

ピアノ弾き語りのイメージが強い”Norah Jones”ですが、この曲の主役はギターです。

曲の出だしの刻みギターは一瞬、”Blur”の”Beetlebum”が始まったのかと思いました。

11曲目の”Miriam”:

美しい曲であるのは間違いありませんが、それだけでは表現できないミステリアスなものを感じます。

“Norah Jones”自身が、語っていた「ダーク」なものを最も感じる曲ではないでしょうか。

それは、PVの映像の結末だけによるものだけではないでしょう。

12曲目の”All A Dream”:

アルバムのオープニング・ナンバーの”Good Morning”とこのラスト・ナンバーの”All A Dream”が呼応するかのようです。

どちらも、幻想的な雰囲気は共通点ですが、”Good Morning”は、目覚め(覚醒)を、”All A Dream”は眠りにつく(幻想)という意味で対照的で、アルバムに散りばめらた断片ともいえる曲が、ここでつながっていくように思えます。

それは、「統一感」というこじんまりとしたものでは収まり切れない、”Norah Jones”のほとばしる才能の集合体です。

>”Norah Jones”に関する記事はこちらから

Little Broken Hearts

新品価格
¥794から
(2020/4/21 20:13時点)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です