スタンダード・ナンバー聴き比べ Vol.11~”Dancing in the Dark” Jane Monheit vs Diana Krall

ジャズの醍醐味のひとつに、スタンダード・ナンバーの演奏があります。

同じ曲が、アーティストによって、どのようにかわるのか、その違いを楽しみましょう。

今回のスタンダード・ナンバーは、”Dancing in the Dark”です。

欧米のひとは、暗闇”in the Dark”が好きです。

暗闇の中でも、”Dancing”「踊ります」し、 “Orchestral Manoeuvres”「管弦楽的手法」まで用います。

日本の夜は明るすぎます。

部屋は暗くして、ディナーのときにはろうそくを灯し、寝室での読書タイムは、ブックライトを使えばその方がぐっと雰囲気がでます。

そして、目覚めのときは、”Happier than Morning Sun”よろしくお天道様のありがたみがわかるのです。

この曲”Dancing in the Dark”も、部屋の明かりを落として、静寂の中で、2人のジャズ・ボーカリストの歌声を存分に味わってください。

“Jane Monheit”(ジェーン・モンハイト)

アルバム”Taking a Chance on Love”に収録されています。

このアルバムは、”Jane Monheit”の最高傑作の呼び声の高いもので、彼女の成熟した完成度の高い歌声が聴けます。

伸びやかな歌声は、最後の一息まで実に安定した音を保っています。

>”Jane Monheit”に関する記事はこちらから

>アルバム”Taking a Chance on Love”に関する記事はこちらから

Taking a Chance on Love

新品価格
¥1,886から
(2019/12/23 19:48時点)

“Diana Krall”(ダイアナ・クラール)

アルバム”The Look of Love”に収録されています。

こちらのアルバムも、”Diana Krall”の最高傑作と言ってもよいでしょう。

“Diana Krall”のバージョンは、オーケストラを従えての重厚な仕上がりになっています。

>”Diana Krall”に関する記事はこちらから

>アルバム”The Look of Love”に関する記事はこちらから

The Look Of Love

新品価格
¥833から
(2019/12/23 20:01時点)

「スタンダード・ナンバー聴き比べ」一覧へ戻る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です