スタンダード・ナンバー聴き比べ Vol.12~”Cry Me A River ” Diana Krall vs Aki Yashiro

ジャズの醍醐味のひとつに、スタンダード・ナンバーの演奏があります。

同じ曲が、アーティストによって、どのようにかわるのか、その違いを楽しみましょう。

今回のスタンダード・ナンバーは、”Cry Me A River”です。

夢の競演がやっと実現しました。

ジャズ界の「八代亜紀」”Diana Krall”と、元祖「八代亜紀」の対決です。

“Diana Krall”(ダイアナ・クラール)

アルバム”The Look of Love”に収録されています。

「ため」がすごいです。

“Diana Krall”ということで、低音は覚悟していましたが、単なるスロー・テンポとは違います。

>”Diana Krall”に関する記事はこちらから

>アルバム”The Look of Love”に関する記事はこちらから

The Look Of Love

新品価格
¥667から
(2020/2/12 20:31時点)

“Aki Yashiro”(八代 亜紀)

意外なことに、本家「八代亜紀」の方が声が高いですね。

「ハスキー・ボイスだから声が低い」というのは、完全な思い過ごしでした。

それにしても、”Diana Krall”の低音はすごいですね、重量級です。

>「スタンダード・ナンバー聴き比べ」一覧へ戻る

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です