LIVE AID ~ 伝説のライブ 出演アーティスト

昨年公開された“Queen”のドキュメンタリー映画”Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)”ののクライマックスを飾る「LIVE AID」のシーンは感動的でした。

「LIVE AID」の”Queen”のライブは伝説的といわれていますが、伝説的なのは、”Queen”のライブだけではなく、出演したアーティストの顔ぶれもまさに伝説的でした。

1985年という、今から30年以上前の出来事を出演アーティストのライブ映像とともに振り返ってみたいと思います。

U2: “Sunday Bloody Sunday”

アイルランド出身の”U2″にとって避けて通ることができない一曲”Sunday Bloody Sunday”(アルバム”War”に収録)です。

社会的なメッセージを常に発信している”U2″にとって、「LIVE AID」への出演はとりわけ意味があったはずです。

そうした、”Vono”の熱い思いは、アイルランドのダブリンは、”Mount Temple Comprehensive School”高校時代の学ランを身にまとっての登場と関係がありそうです。 (ウソです)

>”U2″に関する記事はこちらから

>アルバム”War”に関する記事はこちらから

>曲”Sunday Bloody Sunday”に関する記事はこちらから

War

新品価格
¥797から
(2020/2/17 20:31時点)

Sade: “Your Love is King”

デビュー・アルバム”Diamond Life”の収録曲で、初期”Sade”の代表曲です。

鮮烈なサックスのイントロはあまりにも有名です。

>”Sade”に関する記事はこちらから

>アルバム”Diamond Life”に関する記事はこちらから

Diamond Life

新品価格
¥615から
(2020/2/17 20:14時点)

Spandau Ballet: “True”

アルバム”True”の表題曲で、”Spandau Ballet”の代表曲でもあります。

“Spandau Ballet”は、「LIVE AID」では、もうひとつの名曲”Only When You Leave”も熱演しています。

>”Spandau Ballet”に関する記事はこちらから

>アルバム”True”に関する記事はこちらから

True

新品価格
¥530から
(2020/2/17 20:39時点)

Simple Minds: “Don’t You”

“Simple Minds”にとって、初の全米ナンバー1となった”Don’t You”です。

当初、この曲は、”Roxy Music”の”Bryan Ferry” に歌ってもらおうとしていましたが、断られたため、急きょ”Simple Minds”の”Jim Karr”が歌うことになりました。

“Bryan Ferry”も、「LIVE AID」に出演しているため、この曲をどんな思いで聴いていたのでしょうか。

>”Simple Minds”に関する記事はこちらから

>”Roxy Music”に関する記事はこちらから

Bryan Ferry: “Jealous Guy”

そして、”Don’t You”のオファーを断った”Bryan Ferry”です。

曲は、”John Lennon”の”Jealous Guy”です。

The Pretenders: “Back On The Chain Gang”

サード・アルバム”Learning to Crawl”に収録されている曲です。

前述の”Simple Minds”の”Jim Kerr”と、”The Pretenders”の”Chrissie Hynde” は、夫婦そろっての「LIVE AID」出演です(その後、残念ながら離婚してしましました)。

>”The Pretenders”に関する記事はこちらから

Learning to Crawl

新品価格
¥487から
(2020/2/18 21:41時点)

Ultravox: “Dancing with Tears in My Eyes”

アルバム”Lament”の収録曲です。

エレクトリック・ポップに大胆なギター・サウンドを持ち込んだ”Midge Ure” 。

それもそのはず、彼は根っからのギタリストなのです。

>”Ultravox”に関する記事はこちらから

LAMENT [2CD]

新品価格
¥1,471から
(2020/2/18 21:10時点)

Hall & Oates: “Maneater”

キャッチーなメロディーですが、よくよく考えると曲名はちょっと恐ろしいです。

アルバム”H2O”の収録曲です。

”Daryl Hall” の髪が伸びすぎていて、「wifi飛んでる?」(メイプル超合金状態)になっています。

>”Hall & Oates”に関する記事はこちらから

Daryl Hall & John Oates/ H2O

新品価格
¥895から
(2020/2/18 21:29時点)

Paul Young: “Come Back and Stay”

デビュー・アルバム”No Parlez”のオープニグ・ナンバーです。

デビュー当初から、若くして歌唱力十分でした。

前述の”Hall & Oates”の”Everytime You Go Away”のカバーも大ヒットしました。

“LIVE AID”でも披露してくれました。

No Parlez

新品価格
¥689から
(2020/2/18 21:52時点)

David & Bowie: “Modern Love”

アルバム”Let’s Dance”の収録曲です。

表題曲の”Let’s Dance”や”Chine Girl”とともに、ポップ路線が功を奏してカルト・ヒーローから脱皮し、幅広い層からの支持を集めました。

>”David Bowie”に関する記事はこちらから

Let’s Dance

新品価格
¥677から
(2020/2/18 21:39時点)

The Who: “Won’t Get Fooled Again”

アルバム”Whoes Next”の収録曲です。

“The Who”自体がもう伝説的なバンドとなっています。

「LIVE AID」がなければ実現しなかったライブでしょう。

「LIVE AID」は数々の大物バンドの心を動かしました。

>”The Who”に関する記事はこちらから

Who’s Next: Deluxe Edition

新品価格
¥1,204から
(2020/2/18 21:58時点)

Duran Duran: “Union of the Snake”

アルバム”Seven and the Ragged Tiger”からの一曲です。

ルックスがあまりにイケてるので、アイドル・バンドと思っているひともいるかも知れませんが、楽曲のクオリティーも相当高いです。

特に、この”Union of the Snake”や、”New Moon on Monday”を含むアルバム”Seven and the Ragged Tiger”の頃には最高点に達しています。

>”Duran Duran”に関する記事はこちらから


大物アーティストも続々出演!

その他、大物アーティストも続々と出演しています。

“Paul Mccartney”が、”Let It Be”を歌い、”Eric Clapton”が”Layla”を披露しています。サラn

さらには、”Elton john”(”Rocket Man”)、”Madonna”(”Holiday”)、”The Beach Boys”(”Surfin’ USA”と枚挙にいとまがありません。」

中でも、極めつけなのが、”Led Zeppelin”のライブでしょう。

なんと、亡くなった”John Bonham”に代わってドラムを叩いているのは、”Genesis”(ジェネシス)の”Phil Collins”です。

演奏している曲は、”Rock’n Roll”(”Stairway to Heaven”「天国への階段」が収録されている名盤”Symbols” の収録曲)です。

>”Led Zeppelin”に関する記事はこちらから

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です