【洋楽】おすすめのアーティスト~”Wham!”(ワム)

迷ったらこの1枚「おすすめのアルバム」は、”Fantastic” です。

ディスコでヘビー・ローティション

デビュー当時、その人気は飛ぶ鳥を落とすような勢いで、若者はみな彼らに熱狂し、そして崇拝したものです。

ディスコ(ちょっと懐かしくも古臭い響きです)では、”Bad Boy”が、同じく一世風靡した”Romantics”の”Talking in Your Sleep”と競い合うようにかかっていました。

“Bad Boy”だけでなく、”Young Guns”、”Wham rap (Enjoy What you Do?)”と、「ダンスせよ!」とばかりのノリのいい曲が次々と発表されました。

ただ、”George Micheal”は、ただの勢いだけのやんちゃボーイではありませんでした。

その後のソングライターとしての才能は、めきめきと頭角を現し、留まるところを知りません。

クラブ・トロピカーナへようこそ!

その片鱗は、アルバム”Fantastic”の中でも、芽生えていました。

“Club Tropicana”です。

一言でいって「クールです」。

虫の音から始まり、車から降りて、いざお目当ての”Club Tropicana”に馳せ参じるはやる気持ちを抑えきれないような靴音が続きます。

(”Roxy Music”の”Love is Drug”を連想させます)

>”Roxy Music”に関する記事はこちらから

やがて、軽快なベースの音が、あなたを”Club Tropicana”に誘うのです。

曲のセンスも抜群です。やはり、”George Micheal”は、只者ものではありません。

Fantastic

新品価格
¥376から
(2016/10/26 20:03時点)

クリスマス・ソングの定番

そして、”Young Guns”は、成熟し、不朽の名作”Careless Whisper” 、”Last Christmas”などの情感たっぷりの大人の歌を生み出していきます。

“Last Christmas”は、クリスマスには欠かせないポップ・ソングとなりました。

>”クリスマス特集”に関する記事はこちらから