【洋楽】おすすめのアーティスト~”Pilot”(パイロット)

迷ったらこの1枚「おススメアルバム」は、”Morin Heights” です。

こんなにうまくなるもの?

前作が、”Second Flight”(”Pilot”だけに・・・)でしたから、本作は、3枚目ということになるんでしょう。

高校生の時(30数年前)に、友人が、「このバンド、前作から飛躍的にうまくなったな~」と感心していたのを今でも憶えています。

そのときは、バンドの演奏技術の向上に着目している友人の方に感心しました。

あれから、30数年、デジタルリマスター版のCDで聴き比べてみると演奏技術の進歩を改めて実感しました。

“Second Flight”が発表されたのが、1975年、この”Morin Heights”は、翌年の1976年ですから、わずか1年です。

この1年間にいったい、何があったのでしょうか。

上質ロックの宝庫、”Pilot”作品

金字塔の土台はここで完成 “Second Flight”

2作目の”Second Flight”も、結構いい曲入ってます。

“january”、”Call Me Round” など、いい曲が目白押しです。

ポップ・ミュージックの「金字塔」とも言える”Morin Heights”の土台は、このアルバムで作られました。

>アルバム”Second Flight”に関する記事はこちらから

Second Flight

新品価格
¥895から
(2016/10/21 22:03時点)

黄金ポップ・ソング “Morin Heights”

ただ、”Morin Heights”は、別格です。

“Second Flight”もキャッチーで魅力的なポップ・ソングがぎゅうぎゅうに詰まっていましたが、”Morin Heights”は、音楽史上に残る名盤ですから、比べる相手が悪すぎます。

“Second Flight”をはるかに凌駕する絶品のポップ・ソングが目白押しです。

名曲の数々は、”Canada”や、5~7曲めの”The Mover”、”Penny in My Pocket”、”Lies And Lies”など挙げればきりがありません。

とりわけ、”Penny in My Pocket”は楽曲全体がすばらしいです。

後半のギターソロには、心底、酔いしれます。

「とにかく心地よい。」、「いつまでも聞いていたい。」、「”King Crimson” の “In the Court of The Crimson King (邦題:クリムゾンキングの宮殿)”の”I Talk to the Wind (邦題:風に語りて)”の後半部分のフルートのソロのようだ。」そんな感想が聞こえてきそうです。


King Crimson I Talk To The Wind 投稿者 Selvilicadde

>アルバム”Morin Heights”に関する記事はこちらから

Morin Heights

新品価格
¥895から
(2016/10/21 22:04時点)

時代を超えて輝きを放つ極上ポップ・ソング

しかし、これほど前に作られた曲が、今聴いていても少しも輝きを失っていないのは驚きです。

我々ロックの語り部が、後世に残しておかなければという使命感に駆られるバンドです。