【洋楽】おすすめのアーティスト”Nelly Furtado”(ネリー・ファータド)

迷ったらこの1枚「おすすめのアルバム」は、”Whoa Nelly” です。

多国籍、多彩な音楽ジャンル、アルバムは百花繚乱

カナダのブリティッシュ・コロンビア州出身のシンガーソングライターです。

両親がポルトガルのアゾレス諸島出身のため、彼女はポルトガル系のカナダ人ということです。

そのためか、彼女の繰り出す音楽は多国籍の香りがし、音楽ジャンルもひとつところに留まることをしりません。

14歳から、ストリートでラップを歌い、デビュー・アルバムである「Woha Nelly! 」をリリースした時は、若干20代の前半の若さでもキャリア十分でした。

そのデビュー・アルバムは、”I’m Like A Bird”、”Turn Off The Light”の2大ヒットに恵まれ、”Nelly Furtado”の名を世に知らしめることになりました。

また、アルバムも、600万枚の好セールスを記録しました。

“Nelly Furtado”のディスコグラフィー

ヒップ・ポップの香り漂う”Whoa Nelly”

“Nelly Furtado”のデビュー・アルバムです。
ヒップ・ホップの「スクラッチ」が駆使され、ボサノバ、ラテン系音楽など、音楽のジャンルは、多岐にわたっています。

このアルバムに収録されている”I’m Like A Bird”と”Turn Off The Light”の2大ヒット曲で一躍その名を轟かせました。

この2曲の曲調の違いからも容易に想像できると思いますが、彼女の多様性を感じずにはいられません。
音楽のジャンルは、多岐にわたっていますが、彼女の個性的な歌声と同時に、”Nelly Furtado”の確立された音楽の世界に一本筋が通った普遍性を感じます。

>アルバム”Whoa Nelly”に関する記事はこちらから

Whoa Nelly

新品価格
¥663から
(2017/3/29 06:00時点)

自身のルーツに立ち返った”Folklore”

“Folklore”「民族」、「民間伝承」を意味するセカンド・アルバムは、デビュー・アルバムで見せたヒップ・ホップ色は影を潜め、彼女自身のルーツに立ち返った音楽を模索するかのような作品です。

カントリー・ミュージックを思わせるような曲もあり、ヒット曲の”Powerless”は、曲名とは裏腹に、彼女のパワフルな歌声を堪能することができます。

Folklore

新品価格
¥220から
(2017/3/29 06:00時点)

“Timbaland”(ティンバランド)を迎えての”Loose”

“Nelly Furtado”の3作目は、”Timbaland”(ティンバランド)をプロデューサーに迎えての”Loose”です。

“Timbaland”(ティンバランド)と言えば、”Madonna”のアルバム”Hard Candy”のシングル曲”4 Minutes”を思い起こします。

(”4Minutes”と言えば、KPOPの女性グループ”4Minute”を連想します。特に、「キム・ヒョナ」は可愛くて、セクシーで格好いいですね。グループ名の由来には、「4分間で聴衆を魅了してしまう」という意味がこめられているそうです。)

毎回、アルバムの曲調が大きく変わる”Nelly Furtado”ですが、”Nelly Furtado”と”Timbaland”の組み合わせで、どんな音に変わるのか、想像してみましたが、良くも悪くも想像通りでした。

しかし、このアルバム”Loose”で、”Nelly Furtado”は、音楽は勿論、そのルックスも随分垢抜けた感じがしました。

すごく大人びた感じがし、”Jennifer Lopez”「ジェニファー・ロペス」のようなセレブ歌姫のような雰囲気が漂ってきました。

Loose

新品価格
¥2,024から
(2017/3/29 06:33時点)

変貌し続ける”Nelly Furtado”

これまで3作のアルバムをリリースし、アルバムごとに異なったコンセプトを持ち、3作目のアルバム”Loose”でも、その音楽スタイルも大きな変貌を遂げた”Nelly Furtado”ですが、これが彼女の最終形ではないでしょう。

これからも、 “Nelly Furtado”の確固とした音楽観を持ちながら、様々な音楽ジャンル、音楽スタイルに挑戦していくことでしょう。

どの”Nelly Furtado”も楽しみは尽きるこたがないでしょう。