【洋楽】おすすめのアーティスト~”China Crisis”(チャイナ・クライシス)

迷ったらこの1枚「おすすめのアルバム」は、”Working with Fire & Steel” です。

耳に心地よいベルベット・サウンド

もともと、そんなにたくさんアルバムを作っている訳ではありません。

ただ、ともすると埋没してしまいそうな洋楽の歴史の中で、忘れ去られるのは本当に惜しいアーティストです。

特に、この”Working with Fire & Steel”は、本人たちが、”Possible Pop Songs”と銘打っているように、とても魅力的な作品集です。

“China Crisis”の特徴は、ひとことで言うと、「牧歌的」でそれでいて「ハイセンス」さらりとした歌い口で、耳に心地よいPOPサウンドです。

表題曲の”Working with Fire & Steel”や、”Wishful Thinking”、”Tragedy And Mystery”、”Pepua”など幻想的で美しい曲が数多くあります。

XTCの”Wonderland”に通じる世界観があります。

>”XTC” に関する記事はこちらから

>アルバム”Working with Fire & Steel”に関する記事はこちらから

Working With Fire & Steel

新品価格
¥775から
(2016/10/21 22:20時点)

Flaunt the Imperfection

幻想的で美しい曲が特徴の”China Crisis”でしたが、このアルバム”Flaunt the Imperfection”で、色々な曲調が見られ、その音楽性の幅が広がってきたように思えます。

その代表的な曲が、”Black Man Ray”であり、”King In A Catholic Style (Wake Up)”です。

>アルバム”Flaunt the Imperfection”に関する記事はこちらから

Flaunt the Imperfection

新品価格
¥9,747から
(2017/3/8 22:08時点)

この曲にも注目

前作の”Difficult Shapes & Passive Rhythms, Some People Think It’s Fun to Entertain”(アルバムタイトルが長い)にある”Christian”も注目曲です。

Difficult Shapes And Passive Rhythms Some People Think Etc

新品価格
¥1,530から
(2016/10/21 22:21時点)

>”China Crisis”のおすすめの曲ランキング