【洋楽】おすすめのアルバム”Version2.0″: “Garbage”(ガービッジ)

“Garbage”の文字通り”Version2.0″ 2作目のアルバムです。

まるで、コンピュータのOS(オペレーション・ソフト)の型番みたいなアルバム・タイトルですが、デビュー・アルバムから、かなりの機能追加がされています。

まず、楽曲が格段に良くなりました。

もう、”Butch Vig”が、”Nirvana”のプロデュースをしていたなどの話題性は不要です。

とことん曲で勝負です。

<曲目リスト>

  1. Temptation Waits
  2. I Think I’m Paranoid
  3. When I Grow Up
  4. Medication
  5. Special
  6. Hammering In My Head
  7. Push It
  8. The Trick Is To Keep Breathing
  9. Dumb
  10. Sleep Together
  11. Wicked Ways
  12. You Look So Fine

バージョン・アップで大幅機能向上

1曲目の”Temptation Waits”: バージョン・アップ、リリース1.0 一曲目からサクサクと快調です。

サビの部分のメロディは極上のポップ度ですし、間奏のギターはイカしています。

バージョン・アップがどれほど強力なものであったか、即実感の一曲です。

2曲目の”I Think I’m Paranoid”: “Paranoid”:「偏執症」、「誇大妄想的な」(患者)という意味ですが、
次作の”Beautiful Garbage”にも、”Andogyny”(両性具有)の話が出てくるなど、”Garbage”の世界は穏やかではないです。

“I Think I’m Paranoid”と自覚症状があるようですから、当人はいたって冷静なのかも知れません。

曲の方は、とても美しいメロディを持った素晴しい曲です。決して誇大ではありません。

3曲目の”When I Grow Up”: ポップ度全開の5曲目の”Special”と双璧をなす傑作です。

バージョン・アップ後は、起動も早いです。

曲開始後、10秒あまりで、最高潮に達します。

あまりのノリの良さに、クライマックスでは、”Shirley Manson”の声が高揚し、「野原しんのすけ」がチラチラ見え隠れする勢いです。

楽曲の良さが、今回のバージョン・アップの最大の売りです。

5曲目の”Special”: 楽曲の良さは、3曲目の”When I Grow Up”と肩を並べるほどの出来具合です。

ベース・ギターが歌うかのようにうねっています。

“Shirley Manson”がだんだん”The Pretenders”の”Chrissie Hynde”になってきます。

ギターの音も”The Pretenders”の音を連想させます。

7曲目の”Push It”: 綺麗な女性コーラスとは裏腹に、映像はかなり病的です。

ちょっとシュールすぎて、寒気を覚えるほどです。

しかし、ギターを中心とした楽曲はきまっています。

12曲目の”You Look So Fine”: しっとりとした曲も難なくこなす”Shirley Manson”。

案外、”Garbage”を引っ張る存在なのかも知れません。

このサビの部分の美しいメロディは明らかに”Garbage”の強力な武器です。

及第点をもらったのはどっち?

3人の実績のあるプロデューサーに囲まれて、プレッシャーのかかる紅一点のボーカル”Shirley Manson”だと思いますが、ノリの良い曲も、しっとりと歌い上げる曲も、見事にこなしています。

ステージ場の堂々とした様子からも、プレッシャーなど微塵もない感じです。

もしかしたら、「私の歌のパフォーマンスを維持するためにも、おじさんたちしっかりね」ぐらいに思っているのかも知れません。

>”Garbage”に関する記事はこちらから

Version 2.0

新品価格
¥916から
(2017/2/8 22:07時点)