【洋楽】おすすめのアルバム~”Life” : “Simply Red”(シンプリー・レッド)

“Simply Red”5作目のアルバムです。

前作”Stars”の大ヒットの後で、肩の力が抜けて余裕すら感じる”Simply Red”の自信作です。

(もしかしたら、「肩の力が抜けた」とか、思っているのは、我々リスナーの方で、”Mick Hucknall”自身は、前作のヒットとは関係なく、自分の納得いく音楽を作り続けているからこそ、これだけの作品を残しているのかも知れません)

アルバムの雰囲気ももジャケット通りの、清々しく落ち着いた印象の曲が多く、統一感があります。

曲の完成度も高く、どの曲も洗練されています。

<曲目リスト>

  1. You Make Me Believe
  2. So Many People
  3. Lives And Loves
  4. Fairground
  5. Never Never Love
  6. So Beautiful
  7. Hillside Avenue
  8. Remembering The First Time
  9. Out On The Range
  10. We’re In This Together

リスナーの期待を裏切らないシンガー

2曲目の”So Many People”:”Mick Hucknall”美しいメロディーにのせて、さらりと歌っています。

この「さらり」と言うのが、曲者で、並の歌手だと淡白で味気なくなるところでしょうが、卓越した歌唱力の持ち主、”Mick Hucknall”は、曲の良さを見事に引き出しています。

余裕で歌っていても、リスナーの期待を裏切るようなことはしません。

4曲目の”Fairground”:このアルバムのハイライト曲です。

軽快なサウンドを支えているのは、精密機械のようなドラムスの仕業です。

安心して、心地良いリズムに身を任せることができます。

5曲目の”Never Never Love”:”Mick Hucknall”の歌唱力全開です。

甘いささやきのような歌声で、うっとりとした気分にさせてくれます。

6曲目の”So Beautiful”:曲名通りの美しい曲です。

落ち着いた歌いぶりで、聴く者を優しい気持ちにさせてくれる曲です。

7曲目の”Hillside Avenue”:しっとりとした曲が多いこのアルバム中で、異色の作品です。

レゲエ調のリズムで、アルバムの中のアクセントとなっています。

ただ、このレゲエのリズムで単に奇をてらったものではなく、レゲエ調の曲でも泥臭さはなく、随分と洗練された曲となっています。

8曲目の”Remembering The First Time”:楽曲の素晴らしさが際立つ名曲です。

軽快なリズムと美しいメロディーを併せ持つ名曲を名シンガーが歌う極上の組み合わせです。

次のアルバムも乞うご期待

全体として、洗練されていますが、初期の”Simply Red”ファンで、もう少しソウルフルなところがあってもと、感じた方もいると思います。

そこは、安心して下さい。

次作の”Blue”では、そのへんのところもぬかりはありません。

“Simply Red”というバンドは、エンターテイメントというのがよくわかっているバンドだと思います。

ある方向に一時振れても、それ一辺倒にならず、リスナーを飽きさせることはありません。

(しかし、それも、”Mick Hucknall”の商業的な計算からではなく、彼の自然の感性がなせる業かもしれません)

それでは、次作の”Blue”を、乞うご期待。

>”Simply Red”に関する記事はこちらから

Life

新品価格
¥650から
(2016/11/15 22:26時点)