【洋楽】おすすめのアルバム~”Fanx Ta-Ra” : “Sad Cafe”(サッド・カフェ)

“Sad Cafe”のデビュー・アルバムです。

2作目の”Misplaced Ideals”と同様、初期の”Sad Cafe”のストレートなポップ・センスが表現された佳作揃いです。

アルバム・ジャケットの半裸の綺麗なお姉さんを残して立ち去る姿に、男のロマンを感じさせます。(儚い幻想にすぎませんが・・・)

2作目の”Misplaced Ideals”のおどろおどろしいアルバム・ジャケットととは、対照的です。

<曲目リスト>

  1. Babylon
  2. Shellshock
  3. Hungry Eyes
  4. Shadow On The Wall
  5. Black Rose
  6. The Further Adventures Of The Mad Alan
  7. Fanx Ta-Ra
  8. Flingus’ Holiday
  9. Immortal
  10. Sail On
  11. Clumbidextrous
  12. I Believe (Love Will Survive)

“Paul Young”の歌声が時には激しく時には優しく

1曲目の”Babylon”:前奏のギターがロックしています。

ボーカルの”Paul Young”がシャウトしています。

“Sad Cafe”の初期の音楽センスがストレートに表現されている2枚のアルバム”Fanx Ta-Ra”、”Misplaced Ideals”の幕開けに相応しい曲です。

2曲目の”Shellshock”:キーボードのセンスの良い音色が心地良い曲です。

“Paul Young”のエモーショナルな歌声が、同じく熱のこもったギターのソロとともに生えます。

別に洗練された音でなくても、センスの良さというものは自ずとあぶり出されるものです。

もともと、”Sad Cafe”は、そういうものを持っていたのです。

誰かに味付けされる必要などなかったのです。

3曲目の”Hungry Eyes”:静かな始まりの曲ですが、”Paul Young”の歌声には、曲の後半の盛り上がりを予感させる力強さが秘められています。

ピアノやストリングの美しい音色が、”Sad Cafe”の楽曲のセンスを感じさせます。

2曲目”Shellshock”と3曲目の”Hungry Eyes”は、単曲で聴いても良い曲ですが、通しで聴くとその良さが倍増します。

2曲目”Shellshock”の曲が終わると、すぐさま、3曲目の”Hungry Eyes”のアコースティック・ギターの前奏が頭の中で駆け巡ります。

皆さんの間でも、そういう感覚はありませんか。

何度も繰り返し聴いているアルバムなど、ある曲が終わると、次の曲が始まる前から、頭の中ですでに次の曲が流れ始め、実際にその曲がかかると「ああ、始まった」という安堵感があります。

ある曲から次の曲への繋がりというか流れがありますよね。

私の中では、”New Order”のアルバム”Low Life”の”Sooner Than You Think”と”Sub-culture”の連続性がまさにそれです。

“Sooner Than You Think”の曲が終わってから、間があるのですが、私の中では、その余韻が次の”Sub-culture”の前奏と完全にシンクロしています。

>”New Order”に関する記事はこちらから

5曲目の”Black Rose”:激しさの中にも美しさが秘められた曲です。

メロディー・ラインの素晴らしさも抜群です。

“Sad Cafe”の魅力がストレートに伝わってくる本物志向の曲です。

本当に良い曲は、いろいろな装飾は不要です。

10曲目の”Sail On”:渋い曲ですが、音楽センスは抜群です。

大人のロックです。(ただ単に、耳に心地良い”AOR”とは一線を画します)

シングル・カットには向かないでしょうが、こんな曲がさりげなくアルバムに入っているのにも”Sad Cafe”の実力を感じます。

11曲目の”I Believe (Love Will Survive)” :次作の”Misplaced Ideals”のラストを飾る”On With The Show”にも通じる力作です。

アルバム”Fanx Ta-Ra”を締めくくるのに、相応しい大作です。

いつまでも聴いていたくなるような、壮大なエンディングです。

“AOR”に分類される前のいきいきとした”Sad Cafe”の魅力

このアルバムと、次作の”Misplaced Ideals”には、初期の”Sad Cafe”の純粋なポップ・センスがストレートに伝わってくるような気がします。

3作目の”Facades”以降、”10cc”の”Eric Stewart”のプロデュースにより、洗練された曲が多く誕生するのですが、ちょっと懲りすぎたきらいがあり、”Sad Cafe”の本来のの魅力が半減してしまった感じがします。

ただ、3作目の”Facades”は、”10cc”の”Eric Stewart”がプロデュースしたこともあり、各音楽誌の評価は高く、”Sad Cafe”というと、この3作目を代表作とする傾向があります。

そして、各4作目以降は、さらに洗練されて、”Sad Cafe”がジャンル的に、”AOR”に分類されるとようになってきました。

非常に残念です。

“Sad Cafe”は、初期のアルバム”Fanx Ta-Ra”と”Misplaced Ideals”にこそ、その魅了がたっぷりと詰まっています。

ボーカルの”Paul Young”のワイルドでソウルフルな歌声がマッチした楽曲がそこには、数多くあります。

>”Sad Cafe”に関する記事はこちらから

悲しき酒場の唄

新品価格
¥2,251から
(2016/12/3 19:49時点)