【洋楽】おすすめアルバム~”Faith” : “Faith Hill”(フェイス・ヒル)

“Faith Hill”3作目のアルバムで、カントリー・ミュージックからポップ・ミュージック路線への転換となったアルバムです。

アルバム・ジャケットの写真は、髪を短く切りとても愛らしい表情をしています。

カントリー・ミュージックの美女シンガーの誉れ高い”Faith Hill”ですが、アルバム・ジャケットに映っている写真は”Beautiful”というよりも”Cute”です。

そんな、”Cute”で”Pop”な曲がたくさんつまったアルバムです。

曲目リスト

  1. This Kiss
  2. You Give Me Love
  3. Let Me Let Go
  4. Love Ain’t Like That
  5. Better Days
  6. My Wild Frontier
  7. The Secret of Life
  8. Just to Hear You Say That You Love Me (with Tim McGraw)
  9. Me
  10. I Love You
  11. The Hard Way
  12. Somebody Stand by Me

ポップ路線第一作目の作品

1曲目の”This kiss”:

ポップ路線第一作めとなったアルバム”Faith”の一曲目は、もっともキャッチーな曲”This Kiss”です。

あまりに急なポップ路線への舵切りのため、カントリー・ミュージックのフレーバーはほとんど感じられませんが、路線変更の出足は好調なようです。

2曲目の”You Give Me Love”:

前奏の郷愁を誘うバイオリンの音色にカントリー・ミュージックのテイストを感じることができます。

カントリー・ミュージックとポップ・ミュージックがほどよく融合された好例だと思います。

3曲目の”Let Me Let Go”:

彼女が得意とする壮大なバラードを歌い上げるスタイルの曲です。

カントリー・ミュージックのシンガーは基本的に高い歌唱力を持ったひとが多いので、こうしたバラードを聴くと歌のうまさがよくわかります。

7曲目の”The Secret of Life”:

ポップ・ミュージックというよりも、ロック・ミュージックに近い音です。

“Faith Hill”の歌声も、まさにロック・シンガーのものです。

こうしたロック・ミュージック路線は、さらに次作の”breath”へ引き継がれていきます。

8曲目の”Just to Hear You Say That You Love Me (with Tim McGraw)”:

カントリー・ミュージックのシンガーで夫の”Tim McGraw”(ティム・マッグロウ)とのデュエット曲です。

11曲目の”The Hard Way”:

間奏のギターのソロ演奏を聴いていると、いかにもカントリー・ミュージックらしいと感じますが、曲全体を支配しているサウンドは、パワフルなロック・ミュージックです。

「カントリー・ハード・ロック」とでも呼びたい楽曲です。

>”Faith Hill”に関する記事はこちらから

Faith

新品価格
¥982から
(2020/4/25 10:55時点)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です