【洋楽】おすすめのアルバム”Cuts Both Ways” : “Gloria Estefan”( グロリア・エステファン)

“Gloria Estefan”の4作目のアルバムです。

(正確には、”Gloria Estefan & Miami Sound Machine”の作品です。)

“Gloria Estefan & Miami Sound Machine”と言えば、ラテン系の激しいリズムを思い起こしますが、前作のアルバム”Let It Loose”では、”Anything For You”のような、しっとりとした楽曲に、伸びやかな歌声をじっくり披露してくれる曲もありました。

本作”Cuts Both Ways”にも、そんな”Gloria Estefan”の卓越した歌唱力をじっくり味わえる曲が何曲かあります。

勿論、”Gloria Estefan & Miami Sound Machine”の持ち味であるラテン系のリズムも健在です。

<曲目リスト>

  1. Ay, Ay, I
  2. Here We Are
  3. Say
  4. Think About You Know
  5. Nothin’ New
  6. Oye Mi Canto (Hear My Voice)
  7. Don’t Wanna Lose You
  8. Get On Your Feet
  9. Your Love Is Bad For Me
  10. Cuts Both Ways
  11. Oye Mi Canto
  12. Si Voy A Perderte*

あなたのためなら何でも! ラテンのリズムもバラードも!

2曲目の”Here We Are”: 曲のタイトルは、直訳すると「私たちはここにいます。」ですが、慣用句で「さあ、着いたよ」という意味になります。

前作のアルバム”Let It Loose”の”Anything For You”のような、しっとりとした味わい深い曲です。

3曲目の”Say”: 軽快なリズムではありますが、典型的なラテンのリズムとはちょっと違います。

ラテンのフレーバーを漂わせながらも、軽やかなポップな曲調に、”Gloria Estefan”の伸びやかでクリアな歌声がよくマッチしています。

4曲目の”Think About You Know”: 軽快な曲と、しっとり系の曲とが、バランスよく配置されています。

もともと、ラテン系のアップ・テンポの曲が多かった”Gloria Estefan”ですが、彼女の伸びやかな歌声がより発揮できるのは、こうしたじっくり聴かせる曲の方ではないかと思います。

6曲目の”Oye Mi Canto (Hear My Voice)”: ラテンのリズム、スパニッシュ・ギターやコンガなど使われている楽器やピアノの演奏方法など、もっとも、”Gloria Estefan & Miami Sound Machine”らしい曲と言えるのではないでしょうか。

間奏のトランペットの音も、まさにラテン・ミュージックそのものです。

7曲目の”Don’t Wanna Lose You”: “Oye Mi Canto (Hear My Voice)”が従来の”Gloria Estefan”の従来のスタンダードであるならば、この”Don’t Wanna Lose You”は、”Gloria Estefan”にとっての新しいスタンダードになるのではないでしょうか。

楽曲の良さと、”Gloria Estefan”の歌唱力が活かされるように、楽器の編成もいたってシンプルな内容になっています。

8曲目の”Get On Your Feet”: 初期の”Madonna”や、”Janet Jackson”、”Prince”を思わせるようなロック・ミュージックです。

ステージ上のダイナミックなダンスも実に軽快です。

10曲目の”Cuts Both Ways”: 曲のタイトルの意味は、「諸刃の剣」という意味です。

“Gloria Estefan”にとって何が、「諸刃の剣」かと言うと、”Our Love”「私たちの愛」と言うことです。

“Can’t be together, cannot live apart”「一緒にいることもできないし、離れることもできない」。

まるで、”Blondie”の”Parallel Lines”「恋の平行線」ですね。

とかく、男女の愛というのは複雑です。

そんな男女の機微を、”Gloria Estefan”切なく歌い上げます。

失いたくない! ラテンのリズムもバラードも!

“Oye Mi Canto”のように、ラテンの軽快なリズムにのって軽やかに歌う”Gloria Estefan”、そして、”Don’t Wanna Lose You”のように、しっとりと歌いあげる”Gloria Estefan”。

全く違う表情を見せてくれます。

しかし、どちらにも共通して言えることは、並大抵の歌唱力ではないということです。

今後、祖国のキューバ音楽にも傾倒していきますが、音楽に必要なリズムとメロディーを両方とも高いレベルで持っているアーティストであると思います。

>”Gloria Estefan”に関する記事はこちらから

Cuts Both Ways

新品価格
¥430から
(2017/4/12 18:26時点)