【洋楽】おすすめのアルバム”Book Early” : “City Boy”(シティー・ボーイ)

“City Boy”の4作目のアルバムです。

ヒット曲の”5-7-0-5″をはじめとし、”City Boy”の作品の中では、強烈なギター・サウンドを中心としたロック色の強いアルバムです。

しかし、”5-7-0-5″のようなキャッチーでストレートな曲で終始するようなことは、”City Boy”に限っては考えられません。

本作でも、魅惑的な数々の仕掛けが散りばめられています。

<曲目リスト>

  1. 5-7-0-5
  2. Summer In the School Yard
  3. Goodbye Laurelie
  4. Raise Your Glass (To Foolish Me)
  5. Cigarettes
  6. What a Night
  7. Do What You Do, Do Well
  8. The World Loves a Dancer
  9. Beth
  10. Moving In Circles
  11. Dangerous Ground

強烈なギター・サウンドのロック色の強い作品

1曲目の”5-7-0-5″: “City Boy”の曲で、もっとも知られた曲です。

英国ロックのそれも一地方のバーミンガム出身のバンドですが、キャッチーなメロディーは、アメリカでも通用しそうな曲です。

“City Boy”の作品としては、ストレートなサウンドで、アルバム中もっとも、らしくない作品とも言えなくはないでしょう。

しかし、サビの部分の後に、変調し曲調が変わると、ここからが”City Boy”の本領発揮といったところでしょう。

変調直前の間奏部分も東洋的な音が展開され、”City Boy”らしい味のあるアクセントです。

アルバム全体に言えることですが、この曲も後半部分に力強いギター・ソロが聴けます。

2曲目の”Summer In the School Yard”: “City Boy”らしいと言えば、”5-7-0-5″よりも、こちらの曲の方が、”City Boy”らしい曲ではないでしょうか。

前奏のドラムの刻み具合が印象的で、結構いかしています。

エンディングのギターとドラムスの絡み具合も絶妙です。

3曲目の”Goodbye Laurelie”: 前作のアルバム”Young Men Gone West”の表題曲である”Young Men Gone West”を思わせるようなどこか懐かしい響きのある曲です。

歌詞の内容も、曲調も甘酸っぱい青春のひと時を感じさせる切ない曲です。

4曲目の”Raise Your Glass (To Foolish Me)”: ピアノの伴奏が心地良い、本作”Book Early”中、もっとも美しい曲です。

こちらのギターの音は、力強さよりも、優しさを感じさせるような響きがあります。

6曲目の”What a Night”: これぞ”City Boy”の真骨頂です。

美しい曲は、この世には、数多くありますが、ときにストリングの甘美のメロディーが散りばめられたこの”What a Night”の独自の音は、”City Boy”にしか描けない彼らの世界です。

8曲目の”The World Loves a Dancer”: 最高にファンタスティックで、心躍るようなメロディーです。

それは、前奏の数秒を聴いただけで実感せずにはいられません。

“City Boy”の独創性には、舌を巻くばかりです。

10曲目の”Moving In Circles”: よくありがちな普通のロック・ミュージックと思わせておきながら、曲は淡々とリズムを刻んでいきますが、突如、珠玉のサビの部分が待ち受けています。

“City Boy”のことですから、何事もなく曲が終わるようなことは考えられません。

いつも、何かあっと驚くような展開や、思わずにやっとさせてくれる仕掛けが用意されています。

“City Boy”ならではの多彩な変化球の数々

ヒット・シングルの”5-7-0-5″ばかりに目を奪われてしまいそうですが、その他にも、”City Boy”ならではのひと捻り、ふた捻りもある味わい深い作品が多くならんでいます。

シングル曲の”5-7-0-5″が、ストレートなロックであるとすれば、その他の曲は、カーブ、チェンジ・アップなど多彩な変化球で聴く者の的を絞らせない幻惑のライン・ナップです。

>”City Boy”に関する記事はこちらから

Book Early

新品価格
¥4,018から
(2017/4/29 07:41時点)