【洋楽】おすすめのアルバム”13″ : “Blur”(ブラー)

“Blurs(ブラー)”の6作目のアルバムです。

プロデューサーに、”William Orbit”を迎え、新たな”Blur”の音を模索したアルバムです。

“William Orbit”と言えば、”Madonna”の”Ray of Light”のプロデュースを手掛けたことがまず頭に浮かびますが、この作品で、”Madonna”の音楽性が数段向上したように感じました。

“Blur”前作のアルバム”Blur”では、「セルフ・タイトル」のため、原点回帰とも言われましたが、シングル曲の”Beetlebum”を聴いたときには、これは、”Blur”の新境地だと思いました。

しかし、このアルバム”13″での音楽の変化をみれば、それは単なるマイナー・チェンジでしかなかったと言わざるを得ません。

今までの”Blur”にはなかったあまりに実験的なサウンドは、その検証には、まだ何年もかかるかもしれません。

<曲目リスト>

    1. Tender
    2. Bugman
    3. Coffee And TV
    4. Swamp Song
    5. 1992
    6. B.L.U.R.E.M.I
    7. Battle
    8. Mellow Song
    9. Trailerpark
    10. Caramel
    11. Trimm Trabb
    12. No Distance Left To Run
    13. Optigan I

“13”こそが原点回帰なのかも

1曲目の”Tender”: 前作のセルフ・タイトルのアルバム”Blur”のオープニング・ナンバーの”Beetlebum”を聴いたときは、あまりの衝撃に立ち尽くしましたが、今回のオープニング・ナンバーでは、凍りつきました。

「”Blur”が、ロンドン・コミュニティ・ゴスペル・クワイアと一緒に歌う。」

誰も想像しなかったことでしょう。

しかし、当人の”Damon Albarn”によれば、昔から「ブラック・ミュージック」をこよなく愛していたということですから、別に奇をてらったものでもないようです。

そういう意味では、前作の5作目にしてセルフ・タイトルの”Blur”よりも、さらに、原点回帰のアルバムなのかもしれません。

そう言えば、アルバム・タイトルも、前作の”Blur”よりも、さらにシンプルに、”Blur”の”B”を31アイスクリーム風(”Baskin Robbins”の”B”と”R”の文字をつなげて”31″と表記)にあしらった”13″のみですからね。

3曲目の”Coffee And TV”: 本作の中で、もっとも従来の”Blur”の音に近く、もっともキャッチーな曲です。

作詞とボーカルとシングル曲のCDカバーのデザインを、”Graham Coxon”が担当しています。

曲調こそ、従来の”Blur”の延長線上にありますが、楽器の切れ具合は、”Beetlebum”を彷彿するものがあります。

楽曲もキャッチーで魅力的ですが、ビデオ・クリップも傑作です。

タイトルが、”Coffee and TV”だけに、牛乳パックが、行方不明になっている”Graham Coxon”を、探す旅に出かけるシナリオです。

牛乳パックは、とうとう”Graham Coxon”を見つけ出し、心配している家族に無事、彼を送り届けるのですが、最後には、”Graham Coxon”にゴミ箱へ捨てられてしまいます。

そして、牛乳パックは、天へ召されるのですが、それは、まるで、この曲を最後に、”Blur”のポップ路線の終焉を暗示しているかのようです。

4曲目の”Swamp Song”: 何かと比較されることの多かった”Blur”と”Oasis”ですが、”Oasis”も”The Swamp Song”という曲を作っています。

“Oasis”の方の作品は、アルバム”(What’s The Story) Morning Glory?”のインストルメンタル・ナンバーで、同アルバムの名曲をつなぐ役割をしていて、よくライブでも演奏されていました。

一方、”Blur”の”Swamp Song”は、実験的なサウンドで、この曲から先は、従来の”Blur”のポップ・サウンドは期待してはいけません。

ポップで親しみやすい曲はありませんが、良質なサウンドを志向している姿勢は伺えます。

11曲目の”Trimm Trabb”: 実験的なサウンドと、”Blur”の本来持っているメロディー・メイキングの能力がもっともよく、調和した作品ではないかと思います。

アコースティック・ギターと、ピアノそして乾ききったパーカッションの音がちょっとしたアクセントとなって、曲全体を渋くまとめあげています。

12曲目の”No Distance Left To Run”: “Graham Coxon”の哀愁漂うギターや、”Damon Albarn”切ない歌声よりも、さらに悲愴感が漂うのは楽曲そのものの哀愁を帯びたメロディーではないでしょうか。

“It’s Over”という歌詞に、長年連れ添ったパートナーとの別れを受け止めなければならない”Damon Albarn”の悲痛の叫びとも思えます。

素材の旨みを上手に引き出す調理法

プロデュースを料理に例えると、プロデューサーの独自の味付けをして、どんな素材も同じような味にしてしまう人がいます。

一度大きな成功体験をした人にありがちなことです。

一方、素材の良さを引き出すような料理をするプロデューサーもいることでしょう。

本作のプロデューサーの”William Orbit”は、後者の人だと思います。

それは、”Madonna”の”Ray of Light”と本作の”Blur”の”13″を聴けばわかります。

両作品とも、アーティストの個性を矯めることなく、その良さを引き出して、そのクオリティーを数段引き上げています。

このアルバムを最後にギター・リストの”Graham Coxon”が、バンドを去ることになりますが(後に再加入)、アルバム・ジャケットも彼が描いていただけに残念です。

>”Blur”に関する記事はこちらから

13

新品価格
¥343から
(2017/4/22 20:35時点)